検索してもご自身のサイトの広告が見つけられない場合、下記の可能性が考えられます。

検索されたキーワードがビッグワードである場合

検索時に使用されたキーワードがビッグワード(世間一般的に検索される回数が多いキーワード)の場合、購入に繋がりづらいキーワードとしてGoogleが広告表示をさせない場合がございます。

また、EC Boosterでも購入に繋がりにくいビッグワードへの配信は自動で制御する仕組みがあります。

掛け合わせのキーワードや貴社でご登録の商品名など、より細かいキーワードで検索いただければと思います。

自動の判断により、広告が出されていない

広告配信においては、検索しているキーワードのほか、過去のサイト閲覧履歴など、多くの学習データをもとにどのユーザーに対して広告表示させるかを決定しております。

お客様ご自身は何度もご自身のサイトを閲覧されていると思いますので、そのデータをもとに広告を出してもあまり意味がないと判断されている可能性があります。

ブラウザをシークレットモードにしていただき、過去の閲覧状況の影響を受けない状態とした上で検索を行ってみてください。

その日の広告配信の上限予算に到達しており、広告配信がされない状態となっている

商品点数が多くご予算が少額である場合などにおいては、広告配信が早い時間に集中してしまい、当日の予算を全て使用してしまう場合がございます。

翌日以降で再度検索をお試しいただければと思います。

また、多くの見込み客の獲得を逃している可能性がありますので、ご予算を拡大いただき、さらなる売上増加を目指していきましょう。

回答が見つかりましたか?