この記事では、Googleショッピング広告・Google 無料リスティングにて、掲載を希望しない商品を設定するための方法をご説明いたします。 前提としてご確認いただきたい点ならびに、ご利用中のECシステムごとの設定方法を記載しておりますので、ご確認ください。

配信する商品を限定することのメリットとデメリット


配信する商品を限定するメリット

  • 売れ筋商品のみを広告配信することができ、予算を効率的に活用することができる

配信する商品を限定するデメリット

  • 新しい商品のニーズを見つけることが難しくなる

※下記のコラムもご参考ください。

新たな売れ筋商品を発掘する!Googleショッピング広告の特徴を活用して多様な商品の売上を増やす方法とは

注意事項

  • 設定した商品除外設定は、翌日以降広告配信に反映されます

各ECシステムごとに対応方法をご案内いたします。

フューチャーショップの場合

メイクショップの場合

カラーミーショップの場合

ショップサーブの場合

らくうるカートの場合

除外設定方法 - フューチャーショップの場合


  • 対応方法1(推奨)

futureshop商品登録上の「他社サービスに公開」のチェックを外す

この設定を行う場合は、弊社へのご連絡は不要です。

  • 対応方法2(広告掲載プランのみ利用可能)

もし、なにかの事情で 他社サービスに公開 のチェックを外すことが難しい場合、下記の方法にてご対応ください。

1.futureshop商品登録画面、 外部連携用項目の設定任意項目 に「除外」を入力


↓旧フューチャーショップをご利用の場合

↓コマースクリエイターをご利用の場合

2.上記のとおりに「除外」を登録した旨を、EC Boosterサポート窓口( support@ecbooster.jp )宛にご連絡ください。

※ ご連絡は初回設定時のみで問題ございません。初回の設定後に、除外商品を変更される際は、1.の設定のみご変更ください。

また、CSVファイルのアップロードにて商品情報の一括登録/修正が可能です。
詳しくは以下のヘルプページをご参照ください。

旧フューチャーショップをご利用中の場合

コマースクリエーターをご利用中の場合
「登録仕様」の180番目に該当項目の記載がございます。

除外設定方法- メイクショップの場合


1. MakeShop商品登録画面 Googleショッピング用データの入力 を選択

2. アドワーズ用グループ に「除外」と入力する

また、CSVファイルのアップロードにて商品情報の一括登録/修正が可能です。
詳しくはこちらのヘルプページをご参照ください。
「データ項目一覧」の64番目に該当項目の記載がございます。

除外設定方法-カラーミーショップの場合


1.カラーミーショップ管理画面の グループ設定 でEC Booster除外用の商品グループを作成

2. グループ名 を「ecbooster除外」とし、表示設定 で「表示しない」を選択

3. 配信対象から除外したい商品を、この商品グループに追加する

除外設定方法 - ショップサーブの場合


ショップサーブ上の商品登録画面の 外部連携用データ にて

「Google広告」を「表示しない」に設定してください。

除外設定方法 - らくうるカートの場合


手順1:EC Booster 連携商品一覧を開く

「商品管理」 > 「EC Booster 連携商品一覧」 を開きます。

EC Boosterに連携し、Googleに掲載している商品を確認できます。


手順2:除外したい商品を選択

※オレンジ枠内にチェックいただくことで、一括で設定が可能です。

商品別のチェックボックスにチェックいただくことで、商品別での連携設定も可能です。

ご不明な点は、らくうるカートのサポート窓口までお問い合わせくださいませ。

手順3:EC Booster連携を無効に変更

画面最下部の「チェックした行のEC Booster連携」を無効に変更します。

回答が見つかりましたか?