はじめに


この記事では、掲載結果・広告成果を向上させるための、Google Merchant Centerを活用した商品データ改善方法をご案内する記事です。

掲載結果・広告成果向上における商品データ改善の重要性


商品データは掲載結果・広告成果を向上させるために非常に重要な要素の1つです。Googleショッピングは、商品データの質と広告運用の掛け合わせで最終的な成果が決まります。 特にショッピングタブ無料掲載の場合は、広告運用という要素がないので商品データの質が最終的な成果に直結します。今回はどのような順序・方法で、商品データの質を向上させていけば良いかについて解説をしていきます。

商品データの改善順序


「商品データの質を上げることが大切だということは分かった!では何から手を付けたらいいの?」 と思われる方も多くいらっしゃるかと思います。Googleでは掲載商品を選定する基準があります。それは、どのくらい 「今、検索をしているユーザーが欲している商品か」 という基準です。Google側が掲載商品を選定する際に見つけられやすい、選ばれやすい商品データにする事が重要です。そのために取り組んでいただきたい改善の順番は下記の通りです。

  1. 商品名

  2. 商品画像

商品名の改善方法


商品名を変更するメリット

商品名はGoogle上に掲載される商品が選定される際に1番重要な要素になります。 この商品名の中に具体的かつ商品の特徴を表すキーワード、言葉を含めることができるかが成果の明暗を分けるので、Googleショッピング広告経由の表示回数やクリック数を伸ばしたい場合に、まず初めに確認をするべき項目です。

理想の商品名とは

具体例を交えながら理想の商品名についてご紹介をします。 さらに詳しい内容は下記のコラムに記載をしておりますので、是非ご確認ください。

商品タイトルで競合と差をつける!Googleショッピング広告で売り上げを増加させるために必要なこと

基本の型

商品を表す情報は全て商品名に追加を行いましょう。 型:ブランド+商品名+性別+属性(色、サイズ、スタイル、素材)

良い商品名の例

  • 良い例:FF(ブランド名)スニーカー メンズ レッド 25cm

  • 悪い例:スニーカー

上記のような形で、まずは商品の基礎情報、特徴を表す具体的なキーワードを商品タイトルの前方に追加をしましょう。商品の基礎情報以外にも、ユーザーが検索する際に使用しそうな「型番」などのキーワードを想像して追加することで、更なる表示回数、クリック数の増加が見込めますので是非、追加をしてみてください。

商品名の変更方法

商品名を変更する方法は下記のヘルプをご覧ください。ご利用のECシステムによって対応方法が異なりますのでご注意ください。広告に表示される商品名を変更したいとき

商品画像の改善方法

商品画像を変更するメリット

理想の商品画像にすることのメリットや目的はクリック数(アクセス数)の向上です。検索したユーザーが最初に目にするのは商品の画像です。魅力的な商品画像を用意しておくことで、クリックがされやすくなります。また商品画像が原因で不承認が発生している場合は、不承認を解消することで配信可能な商品数が増加して表示回数、クリック数、購入数の向上が見込めます。さらに詳しい内容は下記のコラムに記載をしておりますので、是非ご確認ください。

Googleショッピング広告に「映える」画像作りのコツ 魅力的な商品画像で売上アップ!

理想の商品画像とは

基本の型

①Googleの商品画像仕様を遵守しましょう。 サイズ:

  • ファッション関連以外の商品…100×100ピクセル以上

  • ファッション関連商品…250×250ピクセル以上

  • 画像上の文字: * 宣伝文、透かし、枠線は使用不可

②商品がはっきりと分かる画像を用意しましょう。

商品位置とアングル:

商品の全体像を分かりやすく見せることができるアングルで撮影された画像を使用しましょう。

画像背景:

商品画像の背景色は白がおすすめです。迷ったら白を選びましょう。

③良い商品画像についてさらに知りたい方へ

良い商品画像に関する詳しい内容は下記のコラムに記載をしておりますので、是非ご確認ください。「Googleショッピング広告に「映える」画像作りのコツ 魅力的な商品画像で売上アップ!

良い商品画像の例

商品画像の変更方法

商品画像を変更する方法は下記の記事をご覧ください。ご利用のECシステムによって対応方法が異なりますのでご注意ください。

Google Marchant Centerでオーバーレイによる画像不承認に対応したいとき

回答が見つかりましたか?